メニュー

getty images

ビジュアルの力で企業の価値を最大化するグローバルカンパニーゲッティイメージズ コーポレートサイト

iStock by Getty Images 
最新ニュース

最新ニュース

ALL > > 2017年9月12日

サポート

2017年9月12日

ESP提出ガイド: 人物入り写真編

モデルリリース付きクリエイティブ写真の提出方法

このガイドでは、初めてESPで作品を提出するiStockコントリビューターに向け、細かいステップに分けて提出方法を解説いたします。

 


目次

1. フォーマット要件

2. 事前準備

Step 1 モデルリリースのダウンロード

Step 2 モデルリリースの記載

Step 3 モデルリリースのスキャン・保存

Step 4 写真の編集

3. 提出セットの作成

Step 5 キーワード入力言語の設定

Step 6 審査状況通知メールの設定

Step 7 提出セットの作成

4. ファイルのアップロード

Step 8 アップロードサーバーの選択

Step 9 写真ファイルのアップロード

Step 10 モデルリリースファイルのアップロード

Step 11 モデルリリース情報の入力

5. メタデータの入力

Step 12 編集する作品の選択

Step 13 Title(タイトル)とDescription(説明)の入力

Step 14 Date Created(撮影日)とCountry(撮影国)の入力

Step 15 Keywords(キーワード)の入力

Step 16 PicScoutアイコンの選択

Step 17 リリースの選択

6. 提出

Step 18 最終確認をして「Submit」(提出)をクリック

7. おまけ

提出後

応用:テンプレート機能

 

 

 


1. フォーマット要件

サイズ: 3〜256メガピクセル

形式: JPG、もしくはJPEG

カラースペース: RGB

 

 


2. 事前準備

Step 1 モデルリリースのダウンロード

クリエイティブ写真(広告などの商業用途に使用可能な写真)として、人物が写っている写真を提出する場合は、モデルリリース(肖像権使用許諾書)を添付する必要があります。

リリースに関するよくあるご質問

 

リリース書式は、コントリビューターコミュニティからダウンロードください。

リリース書式ダウンロードぺージ

 

《注意》

通常、撮影場所が撮影スタジオや個人宅、オフィス、店舗などの私有地である場合は、その場所の所有者が署名したプロパティリリース(撮影物使用許諾書)の提出も求められます。

また、写真に権利者・所有者から訴えられる可能性の高いモノ(ロゴ、商標、製造元などが特定できる製品、著作物など)が写り込んでいる場合は、写真の加工・編集、もしくは権利保有者からのプロパティリリースの取得が必要となります。

法的基本要件

 

Step 2 モデルリリースの記載

モデルをお願いする方にリリース書面をしっかり読んで貰い、同意を得た上で【モデルの情報】欄を埋めて貰います。

【ビジュアルリファレンス】

書面右上の【ビジュアルリファレンス】欄にはモデルの顔写真を貼り付けてください。審査担当はこの顔写真を見て、写真に写っているモデルと同一人物かを確認します。

なお、ビジュアルレファレンス欄に実物の写真やプリントアウトした画像を物理的に貼り付ける必要は無く、画像編集ソフトなどで電子的に「貼り付け」ていただいて結構です。

ビジュアルリファレンス用の顔写真を撮り忘れた場合は、撮った写真の中からモデルが正面を向き、かつ顔が鮮明に写っているものを選び、切り抜いてご使用ください。

 

【証人】

書面右下の【証人】欄は必須項目ではありません

モデルからリリースの無効を主張された際などに備えたい場合は、第三者に証人を依頼します。

モデルが【モデルの情報欄】に署名する現場に立会い、「モデル本人が【モデルの情報欄】に署名した」ことを証言できる方に署名してもらいましょう。

 

Step 3 モデルリリースのスキャン・保存

モデルリリースの記載が完了したら、スキャンしましょう。

提出する画像ファイルと同じフォルダにまとめて保存しておくと後々の作業が楽になります。

原本は紛失しないように、しっかり保管してください。

※スキャナーが無い場合は、すべての文字・署名がはっきり見えていればカメラで撮影したものでも問題ありません。

 

Step 4 写真の編集

写真リタッチの基本ポイントを参考に、写真を編集しましょう。

 

 


3. 提出セットの作成

Step 5 キーワード入力言語の設定

ESP User Info ぺージにてキーワード入力言語を選択します。

日本語でキーワードを入力したい方は、【日本語】をクリックしてください。

 

Step 6 審査状況通知メールの設定

提出後、審査状況通知メールを受け取りたい方は【Receive summary email】にチェックを入れてください。

※初期設定ではチェック済み

 

Step 7 提出セットの作成

キーワード入力言語を選択したら画面左上の【Overview】(提出セット)タブをクリックし、提出セット作成ぺージに移ります。

《基礎知識》

提出セット(Submission Batch)とは

写真は100点まで一つの提出セットに入れて一括提出することができます。

同一シリーズ(同じモデル、同じコンセプト、同じ撮影場所など)の写真は、一つの提出セットにまとめて提出すると審査がよりスムーズに進みます。

同一シリーズの写真が100点を超える場合は、複数の提出セットに分けて提出してください。

 

まずは、画面左上のプルダウンでコンテンツタイプを選択しましょう。

提出するのはモデルリリースを取得しているクリエイティブ写真ですので【iStock Creative Image】を選択します。

【Brief Code/Event ID】は空欄のままにしてください。この欄は、需要の高い作品テーマ(Brief)に沿った作品を提出する際や、Getty Imagesの報道カメラマンがイベント(Event)を撮影した場合にのみ使用します。

【Submission name】(提出セット名)はご自身でコンセプトや撮影地などを元に自由に入力いただいても良いですし、空欄のままでも結構です。空欄のまま先に進むと、自動的に日付が提出セット名として設定されます。

 

画面右側、黄緑色の【+ New Submission】(新規提出セットを作成)をクリックするとSubmission Batch(提出セット)が作成され、【ESP User Info】の右隣に編集・提出を行える【Submission Batch】タブが開きます。

 

 


4. ファイルのアップロード

Step 8 アップロードサーバーの選択

最も居住地に近いサーバーを【Region】(地域)から選択します。

日本にはサーバーがございますので、日本にお住まいの方は【Asia – Japan】を選択することでより早くアップロードが行えます。

 

Step 9 写真ファイルのアップロード

【+】の部分をクリックしてアップロードする写真を選択するか、またはファイルを下図青枠の中にドラッグすることでもアップロードできます。

5GBまでのファイルならDropboxから直接アップロードすることもできます。

ご利用のインターネットの通信速度が遅い場合は、この方法が有効です。

 

Step 10 モデルリリースファイルのアップロード

写真ファイルをすべてアップロードし終わったら、次はモデルリリースをアップロードします。

画面右側にメタデータ編集欄がございますので、【Releases】の欄まで下にスクロールして【+ Upload new release】をクリックしてください。

 

リリースをアップロードできる【Releases】タブが開きますので、【Browse…】をクリックし、モデルリリースファイルを選択します。

 

Step 11 モデルリリース情報の入力

【Release Type】(リリースタイプ)は【Model】(モデル)を選択します。

【Date of Birth】(生年月日)は必須項目ですので、間違いがないように半角数字とスラッシュ「/」で入力ください。

入力フォーマット: 月/日/年(西暦)

例: 1990年6月4日の場合は「06/04/1990」と入力。

【Gender】(性別)と【Ethnicities】(民族)欄は必須項目ではありませんが、できる限り入力してください。

【Gender】: 【Male】(男性)か【Female】(女性)を選択。

【Ethnicities】: モデルが日本人であれば【Asian, Japanese】を選択。

東アジア(中国・韓国・日本・モンゴルなど)内での混血の場合は【East Asian】、より幅広くアジア系としたい場合は【Asian and Indian Ethnicities】、異人種間での混血の場合は【Mixed Race】、詳細を特定せず「白人」としたい場合は【Caucasian, White】などもございますので、該当するものを選択ください。

《注意》

このタブで入力する情報はキーワード化されません。モデル情報はStep 14にて、キーワードとして追加ください。

 

入力が完了したら【Add】(追加)をクリックするとアップロードされます。

モデルを複数人起用したシリーズの場合は、全員分を同じ手順でアップロードください。

リリースのアップロードが完了したら、画面左上の【Submission Batch: iStock Creative Image】をクリックして編集タブに戻ります。

 

 


5. メタデータの入力

《基礎知識》

メタデータとは

メタデータとは作品を説明するテキスト情報を指し、これにはタイトル、説明、キーワード、撮影日、撮影国などが含まれます。メタデータの入力なく作品を提出することはできず、またこの情報は売れ行きにも大きく影響しますので、間違いのないようご注意ください。

 

Step 12 編集する作品の選択

提出セット内のすべての写真に、それぞれメタデータを入力していきます。

一作品ずつ個別に入力することもできますし、複数の作品に対して同一のメタデータを一括入力することもできます。

 

一作品ずつ編集する場合

画面左側に表示されている写真のサムネール画像一覧から編集する写真を選択してください。

 

複数の作品を一括編集する場合

Mac: 【Shift】を押しながら一括編集したい作品を複数選択

Windows: 【Ctrl】を押しながら一括編集したい作品を複数選択

 

提出セット内のすべての作品を一括編集する場合

サムネールの上にある【Select all】(全選択)ボタンをクリックする。

全選択  選択を解除  選択したファイルのみ表示  フィルターを解除  削除

 

《サムネール画像を拡大・縮小する方法》

丸いボタンを右にドラッグすることで、拡大できます。

 

Step 13 Title(タイトル)とDescription(説明)の入力

写真に写っている人・モノを端的に説明します。説明には、タイトルに入れられなかった補足となる情報を入力してください。

この2つの項目は英語で入力する必要がありますので、Bing翻訳等の無料機械翻訳サービスを活用し英語で入力ください。

Bing翻訳: https://www.bing.com/translator?from=ja&to=en&setlang=ja

タイトルの例: Senior Japanese married couple cooking together in kitchen

意味: キッチンで一緒に料理をしている年配の日本人夫婦

説明の例: Married couple in their 70s making breakfast

意味: 朝食を作っている70代の夫婦

※特に補足する情報が無い場合は、タイトルと説明は同一でも結構です。

 

人物写真のタイトル英文法基礎

誰が(形容詞 & 人を表す名詞) + 何をしているか(現在進行形「ing」) + どこで(in/at 場所)

 

例1: Japanese high school students studying at cafe

意味: カフェで勉強している日本人の高校生

 

例2: Elementary school boy teaching grandfather how to use smart phone in living room

意味: 居間で祖父にスマートフォンの使い方を教えている小学生の男の子

 

※冠詞「a」、「an」、「the」は省略ください。

 

《Content Warning(s) コンテンツ警告》

ユーザーへの警告が必要な作品を提出する場合のみ、該当する項目を選択ください。

【Death】: 死

【Graphic Content】: 生々しいコンテンツ(残虐・暴力的など)

【Nudity】: ヌード

【Profanity】: 冒涜的

【Suggestive Content】: 暗示的コンテンツ(性を暗示するような内容など)

 

Step 14 Date Created(撮影日)とCountry(撮影国)の入力

【Date Created】欄は、写真ファイルに撮影日のデータが入っている場合は自動入力されます。

自動入力されない場合は、以下フォーマットに従い撮影日を入力ください。

入力フォーマット: 月/日/年(西暦)

 

【Country】欄では撮影を行った国を選択ください。

 

Step 15 Keywords(キーワード)の入力

キーワードは販売サイトで検索対象となる、売上を左右する最も重要な項目です。

虚偽や誤りなく、その写真を描写するキーワードを5個以上入力してください。

 

《注意》

連想する単語を無闇に入力してはいけません。客観的に写真を見て、大体の人が納得するであろうキーワードのみを追加してください。

写真が承認・公開された後も、弊社が写真にそぐわないと判断したキーワードについては削除し、場合によっては警告通知をお送りします。悪質な場合はアップロード制限を設ける場合もございますのでご注意ください。

《ヒント》

キーワードの仕組みについては、【必読】 キーワードの仕組みを大解剖!をお読みください。

また、人物写真においては被写体となっている人物を説明するキーワードも重要です。ぜひ、人物入り作品に使える公式キーワードリストも参考にしてください。

 

《入力方法》

入力欄に写真を描写・説明する単語を打ち込んでみてください。

公式キーワードの中から候補が表示されますので、最も適しているものを選択してください。

この作業を繰り返し、5個以上追加して完了です。

削除したい場合は、キーワードの右に表示されている「x」をクリックするか、選択してキーボードの【delete】キーを押してください。

Step 16 PicScoutアイコンの選択

【Number of People】(人数)、【Person Composition(s)】(構図)、【Facial Expression(s)】(表情)は、選択すると自動でキーワード化され、販売サイトで検索対象となります。人物写真を提出する際は忘れずに選択しましょう。

《【Person Composition(s)】(構図)選択肢》 ※左から

【Headshot】: 頭部・顔のみ

【Waist Up】: 胸部より上

【Three Quarter Length】: 膝上(足元を除く全身の四分の三)

【Full Length】: 全身

【Part Of】: 顔意外の体の部分

【Looking At Camera】: カメラ目線

 

 

《【Additional Facial Expression(s)】(その他の表情)》

表情アイコンの中に該当するものがない場合は、この欄から選択するか、もしくはキーワード欄に入力してください。

Looking Up 見上げる
Looking Down 下を向く
Looking Away 目をそらす
Sideways Glance 横目
Squinting 目を細める
Raised Eyebrows 眉を上げる
Rolling Eyes ぎょろ目
Cross-Eyed 寄り目
Mouth Open 口を開ける
Yawning あくびをする
Gasping 息を呑む
Biting Lip 唇を噛む
Puckering 口を尖らせる
Licking Lips 唇をなめる
Rolling Tongue 舌を丸める
Making A Face 変な顔
Puffed Cheeks 頬をふくらます
Cheesy Grin 作り笑い
Smirking ニヤニヤ笑い
Crying 泣く
Flared Nostril 鼻の穴を広げる
Grimacing 顔をゆがめる
Clenching Teeth 歯を食いしばる
Blank Expression 無表情

 

Step 17 リリースの選択

Step 9〜10 でアップロードしたモデルリリースから、その写真に適用するものにチェックを入れます。

プロパティリリースもある場合は、忘れずに選択しましょう。

 

ファイル名をクリックするとリリース書面が表示されますので、正しいリリースを選択できているか確認しましょう。

リリース確認事項

  • リリースのビジュアルレファレンス欄に貼付けられている顔写真が、写真に写っている人物と一致しているか
  • リリース上の【撮影日】と、Step 9で入力した【Date Cretaed】(撮影日)が一致しているか

 

 


5. 提出

Step 18 最終確認をして「Submit」(提出)をクリック

すべての必須項目が入力され、提出可能状態になると、画面右上【Submit】(提出)ボタンが青緑色に変わります。

《注意》

【Submit】をクリックすると審査待ち状態となり、それ以降は編集ができなくなりますので、必ず最後にすべての項目が間違いなく入力されていることをご確認ください。

 

後で提出したい場合

【SAVE】(保存)をクリックしておきましょう。

 

提出セット内のすべての写真を一括提出したい場合

【Select all】(全選択)をクリックした上で【Submit】(提出)をクリックしてください。


 

《提出後》

作品提出を完了しました。審査結果はどうやって分かりますか?

審査状況通知メールについて

作品の審査にはどのくらいの時間がかかりますか?

「Revise」(要修正)との表示が出ています。これはどういう意味ですか? 修正が必要な作品はどうやって確認できますか?

「Revise」(要修正)・「Rejected」(却下)の理由一覧


《応用:テンプレート機能》

入力したメタデータをテンプレートとして保存し、複数のファイルに一括適用することができます。

 

全項目を入力し終えたら【Save as a Template】(テンプレートとして保存)をクリックします。

 

保存したメタデータを適用するには、【Apply Template】(テンプレートを適用)をクリックしてください。

ビジュアルクレジット: rakkogumi, #829648616

PAGE TOP