写真の著作権   確認が必要なこと   ケーススタディ
写真の種類   詳しく知る
写真の著作権

106473494

著作権とは

著作権と写真素材のライセンス取得は複雑に思われがちですが、実は、そんなことはありません。 写真のライセンス取得は、単純明快ではありませんが、過剰に恐れることでもありません。さまざまな事情を考慮し、適切な方法によって適切な写真のライセンスを取得し、効果的に写真を利用すべきです。何を使ってどのような効果をもたらしたいのか、そのために必要なライセンスを知ることが大切です。

写真の権利とは -
写真素材を使う際に気をつけるポイント

Copyright, Creativity & Commerce
著作権と創造と商業の関わり

素材の権利を意識するということ。

178338226

写真や映像には、撮影者(著作者)と被写体(人物や建物、ロゴマークなど)の権利があります。許諾されていないビジュアルを使用すると、損害賠償請求のお それがあるばかりでなく、企業の価値を著しく損ねることにもなります。ビジュアル素材に含まれる権利についても、企業倫理として認識し、権利所有者から許 諾済みの素材を使うことが重要です。

[契約時のチェックポイント]

契約時には、ご利用素材の「リリース情報」をチェックしてください。モデルリリース(人物からの利用許諾)、プロパティリリース(建築物や物の所有者からの利用許諾)についての取得状況が記載されています。
ご不安な点がある場合は、ゲッティ イメージズまでお気軽にお問い合わせください。

コンプライアンスに則った 写真・映像・音楽素材をご提供。

ゲッティ イメージスで取り扱っているロイヤリティフリーの写真・映像は、必要と思われる著作権や肖像権などを予め取得しています。その他のライセンスについても、利用許諾取得状況を各詳細ページでご確認いただくことができます。さらに被写体の利用許諾が取得されていないものを商用としてご利用いただく際には、権利許諾取得を代行するライツ&クリアランスサービスも承っています。


関連コンテンツ

参考リンク

PAGE TOP