資料請求・お問い合わせはこちら >> Getty Images API

開発者向け

製品情報はこちら >>

注意:この導入ガイドでご案内するアカウントはテスト開発用です。 公開・商用ウェブサービスにご利用いただく場合は弊社までお問い合わせください。

導入ガイド(開発者向け)

アカウントの作成(Mashery Member Account)から、写真をダウンロードするまでの流れを説明します。
詳しい仕様書はこちらから(英語のみ)>>

1.ユーザー登録

アカウント(Mashery Member Account)の登録について説明します。

1. アカウント登録
   https://developer.gettyimages.com/member/register にアクセスします。

2. 登録情報を入力します。

3. 「I agree to the terms of service」にチェックを入れます。
   このドキュメントでは、テストユーザとして登録するので、
  「Issue a new key for Getty Test」にもチェックを入れてください。

4. 「Register」ボタンを押します。

5. 登録したメールアドレス宛にメールが届きますので、そこに表示されているURLに
  アクセスし、アカウントの認証を行ってください。
  URLにアクセスすると認証が完了します。

6. ログインページ(https://developer.gettyimages.com/login/login)にアクセスし、
   登録したユーザ名とパスワードを入力して、「Sign In」ボタンを押してください。

7. ユーザ情報画面に遷移し、”Key”と”Secret”が確認できれば、ユーザ登録は完了です。
   “Key”と“Secret”については、この後に説明する「3. 写真ダウンロードの手順」で使います。

2.写真ダウンロードの手順

「1. ユーザ登録」で作成したユーザアカウントを使って、写真をダウンロードするまでの流れを説明します 。

写真のダウンロードは、以下の4つのステップで行います。
(1)認証キーの取得
(2)写真の検索
(3)写真のメタデータの取得
(4)写真のダウンロード

なお、写真のダウンロードについては本ドキュメントで作成したアカウントでは行えませんので、
写真のダウンロードをご利用の方は、こちらから本登録を行ってください。

(1)認証キーの取得

OAuth2 – Client Credentialsにアクセスします。
https://api.gettyimages.com/swagger/ui/index.html#!/OAuth/ClientCredentials_Post

1. 「1. ユーザ登録」で取得した"Key"と"Secret"を、それぞれ“client_id”と”client_secret”に入力します。

2. 「Get Token」ボタンを押します。

3. テキストエリアに認証トークンが発行されます。
  この認証キーは、写真のダウンロード等を利用時に使います。

(2)写真の検索

Search Imagesにアクセスをします。
https://api.gettyimages.com/swagger/ui/index.html#!/Search/Search_GetImagesByPhrase

1. 前章「2. ユーザ登録」で取得した”Key”を“Api-Key”に入力し、検索条件を指定します。

2. 例として、phraseに検索ワードを入れて検索します。

3. 「Try it out!」ボタンを押します。

4. Response Bodyに検索結果がJSON形式で表示されます。

(3)写真のメタデータの取得

Imagesにアクセスをします。
https://api.gettyimages.com/swagger/ui/index.html#!/Images/Images_GetBatch

1. 「2. ユーザ登録」で取得した“Key”を“Api-Key”に入力し、idsに写真検索で得た写真のIDを入力します。
  Idsは、「,」で区切ることで複数指定することも可能です。

2. 「Try it out!」ボタンを押します。

3. Response Bodyに検索結果がJSON形式で表示されます。

(4)写真のダウンロード (本ドキュメントで作成したアカウントでは、ダウンロードは行えません。)

Downloadにアクセスをします。
https://api.gettyimages.com/swagger/ui/index.html#!/Downloads/Downloads_GetDownloads

1. “Api-Key”と”Authorization”を入力します。
  “Api-Key”は前章「2. ユーザ登録」で取得した、“Key”を入力します。
  ”Authorization”は、この章の「①認証キーの取得」で取得した、 ”access_token”と
  ”token_type”を使用します。

  ”Authorization”は、下記の写真のように、
  「token_type{半角スペース}access_token」となります。

2. 「Try it out!」ボタンを押します。

3. Response Bodyに検索結果がJSON形式で表示されます。

ご紹介した以外のAPIはこちらをご参照下さい。
https://api.gettyimages.com/swagger/ui/index.html

3.よくある質問 (FAQ)

● 特定キーワードではなく全件検索をしたい
 Search Imagesの検索ワードに「all vocabulary」を指定してください。

● 正しくパラメータを渡しているのにレスポンスがSystemErrorとなる
 リクエストヘッダに「Content-Type: application/json」がセットされているか確認してください。

● 日本語キーワードで検索できない
 リクエストヘッダに「Accept-Language: ja」がセットされているか確認ください。
 また、検索ワードの文字コードがUTF-8で、URLエンコードしていることも合わせて確認してください。


PAGE TOP