• プレスリリーストップ >
  • ゲッティイメージズが、2015年の決定的瞬間を切り取った写真を発表
    ゲッティイメージズ発行のイヤー・イン・フォーカス(Year in Focus)

ゲッティイメージズが、2015年の決定的瞬間を切り取った写真を発表
ゲッティイメージズ発行のイヤー・イン・フォーカス(Year in Focus)

~世界のプロが捉えた2015年の報道、エンターテイメント、スポーツの“決定的瞬間”~

2015年12月25日

2億以上のデジタルコンテンツ(静止画、映像および音楽)を世界100カ国以上に提供する、世界最大級のデジタルコンテンツカンパニー、ゲッティイメージズ(Getty Images、米国・シアトル)は、2015年のハイライト写真を集めたイヤー・イン・フォーカス(Year in Focus)を発表しました。そして、日本法人「ゲッティイメージズジャパン株式会社」(東京都渋谷区、代表取締役社長:島本久美子 以下、ゲッティイメージズ)では、日本市場において見た人の心を大きく動かす力が溢れる報道写真を特別に選出し、2015年に起った最も印象的な出来事から“決定的瞬間”を捉えた写真を世界配信いたします。

2015年のイヤー・イン・フォーカスは、ゲッティイメージズにて活躍する世界中のフォトグラファー、またパートナーから提供された写真をもとに、世界各国で行われた13万件以上のイベント(うち、7万件以上のエンターテイメント、3万件以上のスポーツイベント、3万件以上の時事的報道)から選出しました。

安倍首相による「戦後70年談話」-新宿アルタ前大型ヴィジョン
ラグビーワールドカップ2015

ゲッティイメージズの代表取締役社長・島本久美子は「世界の様々な出来事を写真という共通言語として、多くの媒体を通して感動を与えてきました。ゲッティイメージズの写真が、時代の瞬間を切り取り、インパクトのあるビジュアルを持って、全世界に物語を伝えることに意味があると考えます。写真は人々に行動をかき立て、より真実を追求するものとして重要な役割を担っています。特にその威力を発揮してきた写真が選ばれています。」と今回のイヤー・イン・フォーカスに関して語っています。

イヤー・イン・フォーカスは、一年を通して世界で起こった様々な出来事から、最も象徴的な写真を選別し、毎年末に発表しているものであり、2015年版には例年以上に印象深い出来事の写真が、日本含め世界各国から選出されています。特に、ヨーロッパ各地で広がった難民問題、ネパール大地震、中国・天津で起った大爆発事故、カンヌ映画祭での華やかなレッドカーペット、スーパーボウルのハーフタイム・ショー、感動的だったラグビーワールドカップ2015などが選ばれています。一方で、戦後70年という節目の年だったことから、広島・長崎での原爆の様子がリバイバルで選出されるなど、バラエティに富んだセレクションを閲覧することができます。また、日本市場向けに特別セレクションされた写真を、世界のイヤー・イン・フォーカスと見比べてみるのも興味深い内容となっています。

イヤー・イン・フォーカス(Year in Focus)から一部抜粋

【長崎市の原爆投下】
1945年8月9日、アメリカ軍が原子爆弾を投下し、500メートルの高度で、長崎市を爆破。長崎市は周囲の丘が多くあったため、被害は広島ほどには達しなかった。
【第68回カンヌ映画祭からのハイライト】
映画「海街diary」に出演の長澤まさみ、綾瀬はるか、広瀬すず、夏帆(左から)は 2015年5月14日の第68回カンヌ映画祭のレッドカーペットに登壇。
【第54回NHK杯】
体操日本代表の内村航平は、2015年5月17日に代々木第一体育館行われたNHK杯にて個人総合7連覇を達成。
【FIFA女子ワールドカップ カナダ2015(決勝戦)】
2015年7月5日にカナダ・バンクーバーで行われた日本対米国のFIFA女子ワールドカップ2015の決勝戦。
米国代表、カルリ・ロイド選手の先制点のシーン。
【広島の原爆投下から70周年】
原爆が投下された8月6日に広島の原爆ドーム前にて灯篭流しが行われた。1945年に、米国が最初に原子爆弾を投下した広島では、一瞬にして約7万人もの命を奪い、今でも毎年数千人の人が放射線の影響から命を奪われている。
8月9日には、米国は広島に続き、長崎にも原子爆弾を落とし、第二次世界大戦が終了した。
【シリア難民の様子】
シリアでの紛争が始まって、約4年半。激しい戦闘下にある場所はシリア全域に広がり、国を追われた人はついに400万人を越えた。未だにトルコ、レバノンなどの周辺国には、難民が押し寄せており、ヨーロッパ全体の社会問題に発展している。
【世界陸上 2015】
陸上の世界選手権は23日、北京で第2日を行い、男子100メートル決勝は世界記録保持者のウサイン・ボルト(ジャマイカ)が9秒79で2大会連続3度目の優勝を果たした。

ゲッティイメージの海外版イヤー・イン・フォーカス(Year in Focus)は以下から閲覧可能です。
http://www.gettyimages.co.jp/collections/year-in-focus

日本版イヤー・イン・フォーカス(Japan Year In Focus)は以下から閲覧可能です。
http://www.gettyimages.co.jp/collaboration/boards/rDBByVPIHUiGVl6TAUtd5Q

Getty Imagesについて

Getty Imagesは、2億点以上のデジタルコンテンツを世界100カ国以上に提供する、世界最大級の企業です。クリエイターやメディアをはじめとし、デジタルコンテンツを求める多くのユーザーがサービスを利用しています。また、Getty Imagesと共に、世界各地の主要な写真や映像コンペティションにおいて受賞歴のある実力高いフォトグラファー達が活躍しています。こうして日々世界の著名な新聞や雑誌、キャンペーン、映画、TV番組、書籍やウェブサイトを飾っている写真を産み出しています。コミュニケーションやビジネスにおいてデジタルメディアが担うユニークな役割と、クリエイティブなアイデアにおけるGetty Imagesの実績を、是非下記のサイトからご覧下さい。
Getty Images ウェブサイト:www.gettyimages.com

ゲッティ イメージズ ジャパン株式会社について

ゲッティ イメージズ ジャパン株式会社は、1995年に創業された米国シアトルに本社を置くGetty Imagesの日本法人です。

  • 報道映像・写真を提供する報道・通信社としての業務
    新聞・テレビ・出版社を含むメディア各社を主要顧客とし、報道映像やスポーツ、エンターテインメント報道用写真を報道機関に提供しています。また、自社取材の映像に加えてAFPと提携して、テレビやインターネット向けのビデオ映像配信事業も展開しています。
  • 静止画や動画、音楽を提供するコンテンツプロバイダとしての業務
    クリエイティブコンテンツをオンライン経由で提供するほか、コンテンツの商業利用にあたって、素材の権利処理サービスを提供します。加えて世界のビジュアルトレンドを調査・分析し、常に世界のニーズにあったコンテンツをトータルに提供いたします。
  • コンテンツを世界にライセンスする業務
    日本のフォトグラファー、ミュージシャンを海外に紹介し、ライセンスいたします。
    ※実際の業務執行はゲッティ イメージズ ジャパン株式会社より役務提供を受けたゲッティ イメージズ セールス ジャパン合同会社による。

ゲッティ イメージズ ジャパン ウェブサイト:http://www.gettyimages.co.jp

■本リリースに関する報道関係者様からのお問い合わせ先
ゲッティ イメージズ ジャパン株式会社 広報担当:党
TEL:03-5770-0678
Email:marketing@gettyimages.co.jp