• プレスリリーストップ >
  • ゲッティ イメージズ、5年目を迎えるクリエイター向け助成金プログラム
    「Getty Images Creative Grants」

ゲッティ イメージズ、5年目を迎えるクリエイター向け助成金プログラム
「Getty Images Creative Grants」

~日本で初開催された審査会を経て受賞者が決定~

2013年6月24日(米国時間2013年6月5日発表資料抄訳)

ゲッティ イメージズ ジャパン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:島本久美子、以下ゲッティ イメージズ)は、2013年クリエイター向け助成金プログラム「Getty Images Creative Grants」の受賞者として、フォトグラファーのJennifer KaradyElley Hoと、各々がチームを組む広告代理店Fraser CommunicationsHeward Jue, Inc.を選定したことを発表しました。フォトグラファーとコミュニケーションのプロフェッショナルで構成される2チームは、授与される20,000米ドルでNPO団体の活動アピールを強化する魅力的なビジュアルコンテンツを新たに制作します。

2013年の「Getty Images Creative Grants」は、今回初めて東京で審査が行われ、受賞者は、日本のクリエイティブ業界屈指のプロフェッショナルが参加する、独立審査委員会の審査を経て決定されました。 審査委員会のメンバーは以下のとおりです。(会社名五十音順)

  • Ogilvy & Matherエグゼクティブクリエイティブディレクター(ECD)
    David Morgan氏
  • 株式会社 電通 執行役(2013年4月1日退任)
    白土 謙二氏
  • 株式会社 博報堂 エグゼクティブクリエイティブディレクター(ECD)
    河野 俊哉氏

「Getty Images Creative Grants」受賞者とプロジェクト

  • ニューヨーク州ブルックリンを拠点とするフォトグラファーのJennifer Karadyと広告代理店のFraser Communicationsは、Volunteers of America, Los Angeles(VOALA)と協力して、『Healing our Hidden War』プロジェクトに取り組みます。アフガニスタンやイラクからの帰還兵の話を紹介し、目に見えない戦争のトラウマとそれが帰還兵たちに及ぼす影響を明らかにします。ストーリー風の写真に音声や動きを加えた作品になる予定で、VOALAとこの団体が行う非常に重要な活動についての認知度の向上を目指します。
  • カリフォルニアを拠点とするフォトグラファーElley HoとクリエイティブディレクターのHeward Jueがチームとなって取り組む『Educating Children | Transforming Worlds』は、Asante Africa Foundationが子供の教育プログラムが東アフリカの地域社会と生活をいかに大きく変化させているかを、動画と印刷物を使って伝えます。 HoとJueは、今回の助成金を使って現地の生活のさまざまな側面を撮影し、インタビューのサウンドバイト、分割画面、ユニークな編集技術や、入念なタイポグラフィーなどを用いて、まっとうな教育を受けられる子供たちとそうでない子供たちの、2つの世界が同時に存在する現状を訴えます。

これらのプロジェクトは、ゲッティ イメージズのウェブサイト www.gettyimages.co.jp/grants(英語)で公開される予定です。

ゲッティ イメージズ、クリエイティブ部門のシニア・ヴァイスプレジデントであるAndrew Saundersは、次のように述べています。
「今年の『Getty Images Creative Grants』の応募作品に見られるように、クリエイティブな思考と、社会的な目標実現に向けた取り組みとが力強く結びついているのを目の当たりにすると、勇気づけられると同時に謙虚な気持ちになります。伝える価値があるにもかかわらず、あまり認知されていない世界の問題に人々の目を向けさせるためには、強い影響力を持ったキャンペーンの制作が必要であり、『Getty Images Creative Grants』プログラムは、優れたクリエイターの制作活動を奨励するうえで重要な役割を果たしています。 今年の助成金の受賞者たちによる、帰還兵支援の後押しやアフリカにおける教育活動の推進といった取り組みの成果が現れて、最終的にこれらの活動を推進する優れたNPO団体の知名度が上がることを期待しています。」

今回助成金を受賞した2チームの他にも、以下の優秀な応募者2名が審査員より表彰されました。

  • フォトグラファーのJoshua Bee AlafiaJamel Shabazzがニューヨークの広告代理店PR Noirと組んだ「Rites of Passage」が高い評価を受けました。これは、若い世代を長期にわたって総合的にサポートする活動を行うThe Brotherhood/SisterSol(BHSS)を支援するプロジェクトです。このプロジェクトは、 ストリートフォトグラファーのJamel Shabazzの動画や作品を用いて、BHSSの「Rites of Passage」プログラムやアートプログラム、また政治運動に関わっている若者を記録して若い世代を勇気づけ、BHSSが展開するプログラムの範囲を拡大することを目的としています。
  • ニューヨークを拠点とするフォトグラファーのKatja Heinemannとシカゴの広告代理店Rosenbaum, Incによる、AIDS Community Research Initiative of America(ACRIA)を支援するプロジェクトも高く評価されました。ACRIAの使命は、HIVに関する健康教育や治療法の開発に率先して取り組み、それを最も必要としている人たちに提供することです。 『AIDS is Getting Old』は、フォーマルな肖像写真と個人の体験談を通して、HIV感染症患者の人口構成で起こっている衝撃的な変化に焦点を当てた画期的な啓発キャンペーンです。HIVと戦いながら生きる患者の高齢化が進む一方、こうした患者の数の増加や患者特有のニーズが見過ごされていることを伝えます。

「Getty Images Creative Grants」は2009年に設立され、NPO団体がビジュアルの力を通じて、世の中にポジティブな変化をもたらし、活動を効果的に伝えられるように支援することを目的としています。「Creative Grants」に加え、ゲッティ イメージズは、フォトグラファーや動画製作者といったコミュニケーションのプロフェッショナルを支援するために、報道写真向け助成金プログラム「Editorial Grants」やEmerging Talent AwardGetty Images and Chris Hondros Fund AwardContour by Getty Images Portrait Prizeなど総合的で幅広い分野の助成金プログラムを実施しています。

「Getty Images Creative Grants」の詳細につきましては、www.gettyimages.co.jp/grants(英語)をご覧ください。受賞者やファイナリストも紹介されています。

ゲッティ イメージズ について

ゲッティ イメージズは、静止画、動画、マルチメディア製品、音楽を含むデジタルコンテンツを世界100カ国以上に提供する、世界最大級のデジタルコンテンツカンパニーです。クリエーターやメディアをはじめとし、デジタルコンテンツを求める多くの方々にサービスをご利用頂いています。世界各地の主要な写真や映像コンペティションにおいて受賞歴のある実力高いフォトグラファー達がゲッティ イメージズと共に働いております。こうして日々世界の著名な新聞や雑誌、キャンペーン、映画、TV番組、書籍やウェブサイトを飾っている写真を産み出しています。コミュニケーションやビジネスにおいてデジタルメディアが担うユニークな役割と、クリエイティブなアイディアにおけるゲッティ イメージズの実績を、是非下記のサイトからご覧下さい。
ゲッティ イメージズ ウェブサイト:www.gettyimages.com

ゲッティ イメージズ ジャパン株式会社について

ゲッティ イメージズ ジャパン株式会社は、1995 年に創業された米国シアトルに本社を置くGetty Images Inc.の子会社です。
Getty Imagesは、静止画、動画、マルチメディア製品、音楽を含むデジタルコンテンツを世界100カ国以上に提供する、世界最大級のデジタルコンテンツカンパニーであり、クリエーターやメディアをはじめとし、デジタルコンテンツを求める多くの方々にサービスをご利用頂いています。世界各地の主要な写真や映像コンペティションにおいて受賞歴のある実力高いフォトグラファー達がゲッティ イメージズと共に働いております。こうして日々世界の著名な新聞や雑誌、キャンペーン、映画、TV番組、書籍やウェブサイトを飾っている写真を産み出しています。

  • 報道映像・写真を提供する報道・通信社としての業務
    新聞・テレビ・出版社を含むメディア各社を主要顧客とし、報道映像やスポーツ、エンターテインメント報道用写真を報道機関に提供しています。また、自社取材の映像に加えてAFP と提携して、テレビやインターネット向けのビデオ映像配信事業も展開しています。
  • 静止画や動画、音楽を提供するコンテンツプロバイダとしての業務
    クリエイティブコンテンツをオンライン経由で提供するほか、コンテンツの商業利用にあたって、素材の権利処理サービスを提供します。加えて世界のビジュアルトレンドを調査・分析し、常に世界のニーズにあったコンテンツをトータルに提供いたします。
  • コンテンツを世界にライセンスする業務
    日本のフォトグラファー、ミュージシャンを海外に紹介し、ライセンスいたします。
    ※実際の業務執行はゲッティ イメージズ ジャパン株式会社より役務提供を受けたゲッティ イメージズ セールス ジャパン合同会社による。

ゲッティ イメージズ ジャパン ウェブサイト:http://www.gettyimages.co.jp

■本リリースに関する報道関係者様からのお問い合わせ先
ゲッティ イメージズ ジャパン株式会社 広報担当:土屋
TEL:03-5770-0615
Email:press@gettyimages.co.jp