プレスリリーストップ > ゲッティ イメージズ、2012年「MISHMASH」コンテストの受賞者を発表

ゲッティ イメージズ、2012年「MISHMASH」コンテストの受賞者を発表

~世界50ヶ国以上からエントリーされた300点の中から、最終選考結果を発表~

2012年3月29日

ゲッティ イメージズ ジャパン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:島本 久美子、以下ゲッティ イメージズ)は、2012年1月18日より2月29日まで開催された、将来を担う映像・音楽クリエイターの育成とその支援を目的とした映像と音楽のリミックスコンテスト「MISHMASH」の受賞者を発表します。

コンテストの参加者はゲッティ イメージズの静止画・動画・音楽すべてを利用し、1分から3分以内のオリジナルの短編映像を制作しました。ストーリー性のある動画・ミュージビックビデオ・ビデオアートの3部門から1つを選んでエントリーし、審査が行われました。

2ヶ月に亘って行われた同コンテストは、音楽、IT、映画制作の世界有数の専門家29名により審査されました。日本からは株式会社博報堂DYメディアパートナーズ 統合コミュニケーションセンター クリエイティブ部部長ECD 河野 俊哉氏と、株式会社ロボット ディレクターの薮内 省吾氏を、審査員として迎えました。世界中から300点の応募作品があり、グローバルからの最優秀賞作品が選ばれたほか、アジア太平洋・EMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)・南北アメリカの各地域から各1名、計3名の地域別の最優秀作品が選出されました。映像と画像を融合した編集技術や、作品の創造力、シナリオ、革新的なテーマ設定が審査員から高く評価されました。

グローバル・グランプリを獲得したのはJason Harperの作品「In This Shop」です。Mark Anthony Thomasの詩に合わせて、地元で仕事に従事するアメリカの現代を表現したこの作品は、優れた編集技術と親しみ深さ、シンプルさが評価されました。

<受賞作品一覧>
最優秀賞およびアメリカ地域最優秀賞:「In This Shop」、Jason Harper(アメリカ)
アジア太平洋地域最優秀賞:「Natalia」、Marcia Hawira(ニュージーランド)
欧州・中東・アフリカ地域最優秀賞:「The Newton N. Minow Experience」Blake Dixon(イギリス)
一般投票賞:「Mother Nature」、Bartolome Barrero(スペイン)
※一般投票で3,350票を獲得。

ゲッティ イメージズ、2012年「MISHMASH」コンテストの受賞者を発表 In This Shop I Have a Dream

また、国別の最優秀賞として日本からは、占野正樹氏が選ばれました。占野氏の「I Have a Dream」は、マーティン" ルーサー" キング牧師の歴史的なスピーチを探求し、約50年経つ今日、彼のビジョンに近づいたかどうかを問いかけた作品です。

審査員である、ボンダイ短編映画祭(オーストラリア)のディレクターFrancis Coadyは同作品を「刺激的ですばらしい」と述べており、映画プロデューサーのYash Raj FilmsのAashish Singhは「皆がそれぞれより良い世界を願えば、実現できるでしょう」とコメントしました。

占野氏は、「このたびは、大変素晴らしい賞を受賞させて頂きありがとうございます。映像制作の手段が多種多様化されていくなかで、今回のコンテストのように非常に独創的で、かつシンプルな制作発表の場を与えてくださったことを嬉しく思います」と、受賞の喜びを語りました。

また、ゲッティ イメージズのクリエイティブコンテンツのシニア・ヴァイスプレジデントAndrew Saunders(アンドリュー サンダース)は同コンテストについて次のように語っております。
「今年のMishmashにも積極的に皆様にご参加いただき、印象深く驚きのある作品が集まりました。レベルの高い映像作品は、弊社のコンテンツの品質の証でもあります。今回最終候補作品として選ばれた作品はまた、映像とメディアが、魅力的で将来有望なコミュニケーション・プラットフォームである事を実証していると思います。全ての受賞者に、心からおめでとうと申し上げます」

Mishmashの詳細、及び受賞した作品については下記のサイトからご覧ください。
コンテストウェブサイト:http://mishmash.gettyimages.co.jp

ゲッティ イメージズ について

ゲッティ イメージズは、静止画、動画、マルチメディア製品、音楽を含むデジタルコンテンツを世界100カ国以上に提供する、世界最大級のデジタルコンテンツカンパニーです。クリエーターやメディアをはじめとし、デジタルコンテツを求める多くの方々にサービスをご利用頂いています。世界各地の主要な写真や映像コンペティションにおいて受賞歴のある実力高いフォトグラファー達がゲッティ イメージズと共に働いております。こうして日々世界の著名な新聞や雑誌、キャンペーン、映画、TV番組、書籍やウェブサイトを飾っている写真を産み出しています。コミュニケーションやビジネスにおいてデジタルメディアが担うユニークな役割と、クリエイティブなアイディアにおけるゲッティ イメージズの実績を、是非下記のサイトからご覧下さい。

ゲッティ イメージズ
ウェブサイト(英語サイト):http://www.gettyimages.com

ゲッティ イメージズ ジャパン株式会社について

ゲッティ イメージズ ジャパン株式会社は、1995年に創業された米国シアトルに本社を置くGetty Imagesの子会社です。

  • 報道映像・写真を提供する報道・通信社としての業務
    新聞・テレビ・出版社を含むメディア各社を主要顧客とし、報道映像やスポーツ、エンターテインメント報道用写真を報道機関に提供しています。また、自社取材の映像に加えてAFPと提携して、テレビやインターネット向けのビデオ映像配信事業も展開しています。
  • 静止画や動画、音楽を提供するコンテンツプロバイダとしての業務
    クリエイティブコンテンツをオンライン経由で提供するほか、コンテンツの商業利用にあたって、素材の権利処理サービスを提供します。加えて世界のビジュアルトレンドを調査・分析し、常に世界のニーズにあったコンテンツをトータルに提供いたします。
  • コンテンツを世界にライセンスする業務
    日本のフォトグラファー、ミュージシャンを海外に紹介し、ライセンスいたします。

ゲッティ イメージズ ジャパン ウェブサイト:http://www.gettyimages.co.jp

■本リリースに関する報道関係者様からのお問い合わせ先
ゲッティ イメージズ ジャパン株式会社 広報担当:土屋
TEL:03-5770-0615
Email:press@gettyimages.co.jp