プレスリリーストップ > ゲッティ イメージズ、第二回学生広告コンテスト選考結果を発表

ゲッティ イメージズ、第二回学生広告コンテスト選考結果を発表

~復興支援のアクションを起こさせるクリエイティブを募集、
エントリー総数197点 応募者数255名の中から、最終選考結果を発表~

2011年11月28日

ゲッティ イメージズ ジャパン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:島本 久美子、以下  ゲッティ イメージズ)は本日、写真コンテスト「~I am Here.~ 第二回 ゲッティ イメージズ学生広告コンテスト」 の最終選考結果を発表いたします。

本コンテストでは、2011年7月11日~2011年10月31日までの期間、ゲッティ イメージズの写真素材を1点以上利用した雑誌広告を、日本全国の学生を対象に公募しました。学生を対象としたコンテストを実施することで若い才能に巡り会い、優秀作品を実際の企業広告として利用することで活躍の場を提供したいという趣旨で昨年より始めた取り組みで、今年で2回目となります。今回のテーマは、「東日本大震災を風化させないための雑誌広告」であり、掲載時期を震災から1年ほどたった2012年初旬に設定し、「復興」のために取れるアクションを促す広告を募集しました。

2011年11月25日に実施された最終審査会では、最終エントリー総数197点、応募者数255名の中から選ばれた5組によるプレゼンテーションが行われ、それを基にゲッティ イメージズをはじめ広告代理店、デザイン系メディアから選出された審査員5名によってグランプリが決定されました。

グランプリ作品と講評は以下の通りです。

作品名:「3.11」は歴史じゃない 早稲田大学 4年 松村圭太様
講評: 
「3.11にあった(過去の)震災ではなく、3.11から始まった(現在の)悲劇として捉えてほしい」という強い思いを表現した作品。授業で教わる過去の歴史ではない、という意味を強調するために、教室の写真をあえて暗く加工して、利用している。雑誌広告としては色調が暗いという懸念の声もあったが、逆に、その重量感が思いの強さとして訴えかける作品となっている点を評価した。


#200487905-002
この作品は2012年1-3月期に実際の雑誌広告として掲載予定です。

<審査員紹介(あいうえお順)>
株式会社博報堂DYメディアパートナーズ 統合コミュニケーションセンター クリエイティブ部部長 ECD 河野 俊哉氏
アイティメディア株式会社 @IT デザインハック担当 河内 典子氏
ゲッティ イメージズ ジャパン 小林正明 ※審査委員長
オヴルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン株式会社 エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクター デービット・モーガン氏
株式会社マイナビ Web Designing 編集長 馬場 静樹氏

<「~I am Here.~ 第二回 ゲッティ イメージズ学生広告コンテスト」概要>
ゲッティ イメージズでは基本施策の1つに、日本のクリエイティブな才能を発掘し、活躍をサポートすることを掲げております。また同時に、3月11日に発生した東日本大震災からの復旧、復興を会社として切に願っており、写真を扱う会社の立場から、被災地の復興を微力ながら応援していく活動の一環として、「写真で日本を笑顔に」の願いをこめ、コンテストを実施いたします。

【募集内容】 「東日本大震災を風化させないための雑誌広告」
【応募期間】 2011年7月11日~10月31日
【応募対象】 大学や専門学校などに通っている学生
【選考方法】 一次審査 書類、二次審査 プレゼンテーション(5組程度)
【審査基準】 1) 震災復興支援のメッセージ、注意喚起、その他アクションを想起させるものであるか
2) ビジュアルおよびコピーにおけるクリエイティブとしての完成度
【賞及び副賞】 【入賞者特典】授賞式にご招待、ポートフォリオブックの贈呈
【グランプリ特典】クリエイティブ雑誌への掲載、受賞歴のあるプロフォトグラファーによるポートレート写真撮影
【コンテストウェブ】 http://welcome-to-gettyimages.jp/iam

ゲッティ イメージズ について

ゲッティ イメージズは、静止画、動画、マルチメディア製品、音楽を含むデジタルコンテンツを世界100カ国以上に提供する、世界最大級のデジタルコンテンツカンパニーです。クリエーターやメディアをはじめとし、デジタルコンテツを求める多くの方々にサービスをご利用頂いています。世界各地の主要な写真や映像コンペティションにおいて受賞歴のある実力高いフォトグラファー達がゲッティ イメージズと共に働いております。こうして日々世界の著名な新聞や雑誌、キャンペーン、映画、TV番組、書籍やウェブサイトを飾っている写真を産み出しています。コミュニケーションやビジネスにおいてデジタルメディアが担うユニークな役割と、クリエイティブなアイディアにおけるゲッティ イメージズの実績を、是非下記のサイトからご覧下さい。

ゲッティ イメージズ
ウェブサイト(英語サイト):http://www.gettyimages.com

ゲッティ イメージズ ジャパン株式会社について

ゲッティ イメージズ ジャパン株式会社は、1995 年に創業された米国シアトルに本社を置くGetty Images の子会社です。

  • 報道映像・写真を提供する報道・通信社としての業務
    新聞・テレビ・出版社を含むメディア各社を主要顧客とし、報道映像やスポーツ、エンターテインメント報道用写真を報道機関に提供しています。また、自社取材の映像に加えてAFP と提携して、テレビやインターネット向けのビデオ映像配信事業も展開しています。
  • 静止画や動画、音楽を提供するコンテンツプロバイダとしての業務
    クリエイティブコンテンツをオンライン経由で提供するほか、コンテンツの商業利用にあたって、素材の権利処理サービスを提供します。加えて世界のビジュアルトレンドを調査・分析し、常に世界のニーズにあったコンテンツをトータルに提供いたします。
  • コンテンツを世界にライセンスする業務
    日本のフォトグラファー、ミュージシャンを海外に紹介し、ライセンスいたします。

ゲッティ イメージズ ジャパン ウェブサイト:http://www.gettyimages.co.jp

■本リリースに関する報道関係者様からのお問い合わせ先
ゲッティ イメージズ ジャパン株式会社 広報担当:土屋
TEL:03-5770-0615
Email:press@gettyimages.co.jp