バックナンバーを見る

知らないと怖い? Creatorクイズ Vol.3 答え: A 問題メールを見る

あなたはわかりますか? Creatorクイズ Vol.3 答え:A

著作権はいつまで保護される?権利者と保護期間をチェック!

被写体はどちらもアメリカ、ニューヨークにある有名な建物で、一方はエンパイアステートビルディング、もう一方はグッゲンハイム美術館です。
このような有名な建物の場合、建築家の著作権について確認しなければいけません。エンパイアステートビルディングは、著作権の保護期間が終了していてパブリックドメインとなっています。よって、権利は消滅していると考えられています。
一方グッゲンハイム美術館は著作権保護期間中ですので、利用の仕方によっては権利者からの許諾が必要な場合があります。
139623662, FMB PHOTO/ Photolibrary
パブリックドメインとは?
著作権により保護されていた著作物が、著作権の保護期間を経過して社会の公共財産になり、だれでも自由に利用できるようになったもの。

ゲッティ イメージズではあらゆるビジュアルを確実に安心して使えるサービスを提供しています。

ライツ&クリアランス

著作権や肖像権などの利用許諾を得なければいけない時に、ゲッティ イメージズが代行して権利保有者に交渉するサービスです。世界各地の業界に精通した経験豊かな専門スタッフが、有償で交渉します。

ライツ&クリアランス事例はこちら

免責サービス

被写体の権利保有者が判別できない、または特定できない場合に、事前にサービス料をお支払いいただくことで、万が一の被写体や所有者からの訴訟や関連する損害賠償*、費用等を補償し、免責します。利用条件とレイアウトを提出いただければ、1~2営業日で無料でお見積もりします。

※一部コンテンツにはサービスを提供できないことがあります。
*ゲッティ イメージズの行為に直接起因しない懲罰的損害を除きます。